見所ぐるり一周「いけばな」編

「建造物・仏像」編 「散策・お土産」編

高遠な美意識と悟りの境地をつづる 池坊専応口伝

いけばな発祥の地を示すモニュメントで、初めていけばなの理論を確立したといわれる『池坊専応口伝』の序文を掲げています。この序文には、単に美しい花のみを観賞するばかりではなく、草木の風興をわきまえる高遠な美意識と悟りの境地がつづられています。

池坊専応口伝
池坊専応口伝
 

史上不世出の名人の作を再現 三十二世池坊専好の立花

水仙立花
水仙立花:三十二世池坊専好の立花

三十二世池坊専好(1576〜1658)は、元和・寛永(1615〜1643)の頃に活躍した家元で、『槐記』に「立華ノ中興ハ、専光(好)にニ止タリ。専光ヲ名人トス」と評された、いけばな史上不世出の名人です。専好の立花は、後水尾天皇の庇護のもと、寛永5年(1628)から寛永12年までの間に、禁中や仙洞御所で立てたものを中心として、親王家や公卿邸などで立てた立花・砂之物の写し絵の外、手鑑として絵図に写されたものが多数残されています。
この立花は、そのうちの一つ、寛永7年(1630)に立てた水仙一色の立花を再現したものです。清純で伸びやかな水仙の品性が匂いたつばかりです。台座のサインは専好自筆消息からの写しです。

いけばなの歴史に触れる いけばな資料館

池坊会館の3階にあるいけばな資料館はいけばなに関する歴史資料を中心として、ビル建設に伴う発掘の際の出土資料、六角堂(頂法寺)の什物等を、540平方メートルの館内に常時展示しています。
いけばなの変遷や池坊家に関わりの深い貴重な歴史的資料が数多く展示・所蔵されており、時代の流れやテーマ毎に見やすく展示されています。特にいけばなに関する文献、伝書、道具類などは、この資料館ならではの展示物が多数あり、さまざまな資料をひとつひとつ自分の目で確かめながら、いけばなの歴史、池坊の歴史を学んでいただけます。いけばなを学ぶ者にとっても、また歴史が好きな人にとっても興味は尽きません。

館内
館内:重要文化財などさまざまな資料を展示しています。
専好立花図(重文)
専好立花図(重文)

「いけばな資料館」はご予約いただければどなたでも見学できます。お電話またはメールにてご予約ください。

開館時間:9時〜16時
入館料:無料
休館日:土曜・日曜・祝日・年末年始
TEL:075-221-2686
E-Mail(見学予約):kengaku@ikenobo.jp
E-Mail(お問い合わせ):ikesiryou@ikenobo.jp

銅青海波文薄端銘「六玉川」
銅青海波文薄端銘「六玉川」:四十世専定宗匠愛用の薄端です。
五耳壺
交趾三彩釉法花文:五耳壺
花伝書
花伝書:最古の花伝書といわれる『花王以来の花伝書』
 
「建造物・仏像」編「いけばな」編「散策・お土産」編