暮らしの花 花器からの発想を楽しむ

夏の涼しげ

制作:7月

花を生ける前から、ガラスの花器を使いたいな〜という気分に、夏は特にそういう気持ちになります。

陶器よりガラスの花器の方が重く感じませんし、軽やかな感じで気分もウキウキしてきますよね。

人は見た目で、暑い夏を涼しくさせる技術を持っています。先人達から受け継がれてきた、夏を涼しく過ごすための知恵がたくさんあります。

夏の涼しげ

ワンポイント

部屋のインテリアにガラスの器を 部屋のインテリアにガラスの器を

部屋のインテリアにガラスの器を

清涼感のあるガラスの器や雑貨は、夏のインテリアにピッタリです。普段使っていないガラスの器を、窓際やテーブルの上に並べて花を生けてみてはいかがでしょうか?

涼しげなのはもちろんのこと、窓際なら太陽の光にガラスの器が照らされて、キラキラとより美しく見ることができます。

ゲイラック、カーネーション、スプレーバラ
使用した花材
  • ゲイラック
  • カーネーション
  • スプレーバラ
  • デルフィニューム(マリンブルー)
  • ヒペリカム
使用した花器
  • ガラス器
  • 高さ10cm 幅8cm
暮らしの花トップへ戻る「花器からの発想を楽しむ」一覧へ