アノミーなReoアノミーなReo

芸人として『最もシュールな世界観劇』という作品にて表現を続ける一方で華道に出会い、違った形の表現を知り今に至る。
伝統には型もあるが懐が深くこういったものを受け入れる土壌があることを知ってもらいたい。

    いけばなアート展をシェア!

    • Facebook
    • Twitter