その他
2017.04.27

「京の花」物語に大学生による作品を展示します

5月3日(水・祝)・4日(木・祝)に梅小路公園(京都市下京区)で行われる『「京の花」物語 in 梅小路公園』で、京都市内の大学で華道を学ぶ学生らによる大作を展示します。

『「京の花」物語 in 梅小路公園』は、全国的に花の消費量が減少傾向にあり、京都においても花文化の継承が危ぶまれる中、花業界をあげて市民の花に触れる機会を増やし需要を喚起すると共に、花文化の継承と、現代に合わせた新たな花文化の普及に取り組む一環として、京都市花き振興協会が開催するイベントです。
今回池坊は、池坊短期大学 専任講師 藤井真氏による指導の下、龍谷大学及び池坊短期大学の学生8名による合同大作を梅小路公園の芝生広場で展示します。

5月の行事である”こどもの日・母の日”をイメージした、瑞々しい感性による作品の展示を通じ、多くの方に「花」、そして「いけばな」を良いなと思ってもらえるようにできればと考えております。
この他、花卉類の即売やオークション、アレンジメントの講習を始めとする各種体験の他、「グリーンフェア2017春」及び「アースキャラバン2017京都」も同時に開催しており、様々な催しが企画されておりますので、ぜひお運びください。

◇『「京の花」物語 in 梅小路公園』での展示概要
場所:梅小路公園 芝生広場(京都市水族館 エントランスピロティ向かい付近)
日時:5月3日(水・祝)・4日(木・祝) 10時~16時 ※3日10時から公開でいけこみ
制作:龍谷大学・池坊短期大学の学生8名

京都市『「京の花」物語 in 梅小路公園』紹介ページ


月刊誌Leaf『「京の花」物語 in 梅小路公園』紹介ページ(地図の掲載あり)



 「京の花」物語

この記事のシェアをぜひお願いします。