その他
2017.10.26

【旧七夕会見どころ紹介】生花の魅力がここに!池坊中央研修学院 柴田英雄ゼミによる『挿花百規』コーナー

11月8日(水)から開催する旧七夕会池坊全国華道展では、池坊専定による生花選集『挿花百規』(1820/文政3年刊行)に学び、着想を得た作品を展示する「-専定生花を訪ねて-『挿花百規』に学ぶ」コーナーを展開します。

池坊専定は生花の規矩性を整えただけでなく、健康的な伸びやかさと爽やかな成長に溢れる池坊生花の伝統を作り上げ、その姿は『挿花百規』の中で数多く見出すことができます。 またその絵図は四条派の画家 松村景文と横山清暉によって手掛けられ、その端正な佇まいは華道家のみならず、多くの方々から好まれています。
このコーナーでは、生花の第一人者である池坊中央研修学院 特命教授 柴田英雄 学術研究室生花ゼミの選抜者による作品が、元となった絵図とその解説と共に展示される、池坊生花ファン必見のコーナーとなっています。

高島屋会場にて、会期中を通じ展示いたしますので、ぜひお運びください。
 ※1次・2次・3次に分け、2日毎に展示作品が代わります

平成29年度 旧七夕会池坊全国華道展の詳細はこちら


 「-専定生花を訪ねて-『挿花百規』に学ぶ」"

『挿花百規』

この記事のシェアをぜひお願いします。