サイトトップ > いけばな池坊とは > いけばなの歴史 > 安土桃山時代~江戸時代(前期)

立花の大成 安土桃山時代~江戸時代(前期)

大自然の姿を器の上に表現する立花という様式を大成した池坊専好(二代)は、朝廷や武家に重く用いられ、池坊の地位を揺るぎないものにしました。

前田邸の大砂物

豊臣秀吉によって天下統一が成し遂げられた安土桃山時代、城郭や武家屋敷に大きな床の間が設けられ、そこに飾る花が池坊に依頼されました。
池坊専好(初代)は文禄3年(1594)、秀吉を迎えた前田利家邸の四間床に大砂物を立て、「池坊一代の出来物」と称賛されたといわれます。慶長4年(1599)には、京都の大雲院で開かれた花会に専好(初代)の弟子100人が出瓶し、多くの人々が見物に訪れました。

前田邸の大砂物

前田邸の大砂物(復元) 撮影 木村尚達
池坊専好(初代)が文禄3年(1594)、前田利家邸で立てたとされる大砂物を、平成24年(2012)に復元したもの。砂物は、器に砂を敷きつめることからその名がある。背後の掛軸に描かれた猿が、松の枝の上で戯れているように見えたという。

宮中立花会の盛行

武家からの依頼は徳川家康が江戸幕府を開いてからも続き、専好(初代)の名を継承した池坊専好(二代)が江戸へ赴き、武家屋敷で立花を立てました。
一方京都では、立花を愛好した後水尾天皇が親王や公家、門跡たちを宮中に集めてたびたび立花会を催し、専好(二代)が指導者として活躍しました。
宮中立花会が最盛期を迎えた寛永6年(1629)、天皇は退位しますが、その後は仙洞御所で立花会が催されるようになりました。

七夕会の創始

専好(二代)によって大成された立花は、僧侶・公家・武家という枠を超えて町人社会にも普及していき、大住院以信や高田安立坊周玉、十一屋太右衛門などの高弟が輩出され、門弟の数も増えていきます。
六角堂では、宮中・仙洞の立花会を継承する形で七夕立花会が催されるようになり、京都の年中行事の一つとして定着していきました。

『立花之次第九拾三瓶有(池坊専好立花図)』(重要文化財)

立花を大成した池坊専好(二代)が寛永5年(1628)から寛永12年(1635)の間に立てた立花・砂物の花形絵91図を集成したもの(他2図は別人の作品)。優雅で気品のある作風がよく表されている。

1 2 3 4
飛鳥時代~
南北朝時代
室町時代(前期) 室町時代(後期) 安土桃山時代~
江戸時代(前期)
5 6 7 8
江戸時代(中期) 江戸時代(後期) 明治時代~
昭和時代(初期)
現代

ページの先頭へ

サイトトップ > いけばな池坊とは > いけばなの歴史 > 安土桃山時代~江戸時代(前期)

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー