サイトトップ > いけばな池坊とは > いけばなの歴史

いけばなの歴史

室町時代に成立したいけばなは、社会の変化に応じた花形を創出しつつ、多くの人々に受け入れられていきました。

立花図屏風(江戸時代)

立花図屏風(江戸時代)

床の間の前身である押板の空間に立花と絵画が飾られるという、室町時代に成立した座敷飾りの一形態が描かれている。

いけばなの源流 飛鳥時代~南北朝時代

四季折々の花が咲く日本列島。「観賞する花」「神の依代」「仏前供花」… いくつかの要素が絡み合いつつ、いけばな成立の前提が整っていきました。

いけばなの成立 室町時代(前期)

大陸からもたらされた唐物の器に挿す花の姿・形が工夫される中で「いけばな」が成立し、京都では六角堂の池坊専慶が披露した花が評判となりました。

いけばな理論の確立 室町時代(後期)

花の名手として活躍した池坊専応は、技法のみならず思想的な面をも含むいけばな理論を確立し、花伝書を相伝するようになりました。

立花の大成 安土桃山時代~江戸時代(前期)

大自然の姿を器の上に表現する立花という様式を大成した池坊専好(二代)は、朝廷や武家に重く用いられ、池坊の地位を揺るぎないものにしました。

立花の普及と生花の成立 江戸時代(中期)

経済力をつけた町人たちの間に立花が流行する一方、簡略でかつ格調高い花形が求められるようになり、生花が成立しました。

立花の革新と生花の流行 江戸時代(後期)

池坊専定が、理想的な樹形を作る「幹作り」による立花の革新、生花の伝授形態の整備などをおこなったことにより、池坊の門弟数は数万人規模に達しました。

『花王以来の花伝書』

『池坊専応口伝』

『立花之次第九拾三瓶有(池坊専好立花図)』(重要文化財)

『新撰 瓶花図彙』

『挿花百規』

『専正生花集』

正風体の確立と投入・盛花の成立 明治時代~昭和時代(初期)

習いやすく教えやすい花形として池坊専正が定めた正風体がいけばな教育に導入される一方、生活の洋風化に応じるいけばなとして投入・盛花が成立しました。

今日のいけばな 現代

戦後、池坊のいけばなは海外にも広まり、当代家元の池坊専永は、生花新風体、続いて立花新風体を発表するなど、常に時代に適応したいけばなの探求に努めています。

1 2 3 4
飛鳥時代~
南北朝時代
室町時代(前期) 室町時代(後期) 安土桃山時代~
江戸時代(前期)
5 6 7 8
江戸時代(中期) 江戸時代(後期) 明治時代~
昭和時代(初期)
現代

ページの先頭へ

サイトトップ > いけばな池坊とは > いけばなの歴史

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー