サイトトップ > いけばな池坊とは > いけばなの歴史 > 明治時代~昭和時代(初期)

正風体の確立と投入・盛花の成立 明治時代~昭和時代(初期)

習いやすく教えやすい花形として池坊専正が定めた正風体がいけばな教育に導入される一方、生活の洋風化に応じるいけばなとして投入・盛花が成立しました。

女学校におけるいけばな教育

明治維新と東京遷都は、京都に本拠を置き、朝廷や武家と深い関係を築いてきた池坊に大きな変革を迫りました。

京都では、遷都による衰退を防ぐために明治5年(1872)から京都博覧会が開催されるようになり、池坊専正は門弟を引き連れて出瓶しました。

 

また、専正は明治12年(1879)から京都府女学校の華道教授に就任、女性に対するいけばな教育に力を注ぎました。これ以降、いけばな人口に占める女性の割合が急上昇していきます。

 

明治22年(1889)には東京に池坊の出張所が開設されました。

『旧儀装飾十六式図譜』

明治36年(1903)、京都で開催された古美術展覧会に池坊専正が出瓶した三瓶一対の立花。この展覧会は、明治初期から毎年開かれた京都博覧会の系譜上に位置付けられる。

正風体の確立

専正は、習いやすく教えやすい花形として正風体を定め、明治37年(1904)には教科書として『花の志雄理』を刊行しました。
これはのちに『華かがみ』と呼ばれる教科書シリーズに収録され、版を重ねます。
正風体は、家元代見の武藤松庵が全国を巡回して指導にあたったことなどにより定着し、その後の規範となりました。

『専正生花集』

池坊専正の自撰による生花作品集。ここに描かれる生花正風体は、現在にいたるまで規範とされている。

投入・盛花と応用花

一方、文明開化にともなう生活の洋風化に応じるいけばなとして、投入・盛花が成立しました。池坊もこれを採り入れ、立花・生花の応用という意味をこめて応用花と称し、池坊専威が昭和9年(1934)にその大綱を定めました。
また、昭和16年(1941)には全国に支部が設置され、京都の家元と地方の門弟の結びつきが強化されました。

1 2 3 4
飛鳥時代~
南北朝時代
室町時代(前期) 室町時代(後期) 安土桃山時代~
江戸時代(前期)
5 6 7 8
江戸時代(中期) 江戸時代(後期) 明治時代~
昭和時代(初期)
現代

ページの先頭へ

サイトトップ > いけばな池坊とは > いけばなの歴史 > 明治時代~昭和時代(初期)

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー