今日のいけばな 現代

戦後、池坊のいけばなは海外にも広まり、当代家元の池坊専永は、生花新風体、続いて立花新風体を発表するなど、常に時代に適応したいけばなの探求に努めています。

戦後の復興と発展

昭和20年(1945)、第二次世界大戦の終戦後まもなく、京都と大阪で花展が開かれるなど、池坊は文化国家の再建を目指して活動を開始しました。
昭和27年(1952)、全国の門弟の協力によって池坊短期大学を開学、昭和43年(1968)には米国サンフランシスコに事務所を設置して海外での活動も本格化していきます。昭和52年(1977)には「いけばなの殿堂 池坊」(池坊会館)が完成、池坊中央研修学院といけばな資料館が開設されました。

池坊ビル外観

完成直後の池坊会館

自由花と新風体

投入・盛花の系譜をひく花は戦後、自由花と呼ばれるようになり、立花および生花と並ぶ花形としての地位を獲得します。当代家元の池坊専永は、立花と生花においても現代に適合した花形を探求し、昭和52年(1977)に生花新風体、平成11年(1999)に立花新風体を発表しました。

未来へ

平成24年(2012)、室町時代の池坊専慶の記録から550年という節目を迎え、「いけばな池坊550年祭」が盛大におこなわれました。
室町時代の『池坊専応口伝』の内容は、現在も最も重要な教えとして大切にされ、江戸時代に始まった七夕会は、開催時期を変えながらも「旧七夕会池坊全国華道展」として続いています。

 

池坊は、これからも伝統を守りながら、常に新しいいけばなを追求していきます。

550年前の立花を生ける次期家元

室町時代の立て花を再現する次期家元

1 2 3 4
飛鳥時代~
南北朝時代
室町時代(前期) 室町時代(後期) 安土桃山時代~
江戸時代(前期)
5 6 7 8
江戸時代(中期) 江戸時代(後期) 明治時代~
昭和時代(初期)
現代

ページの先頭へ

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー