サイトトップ > お知らせ一覧 > 「花戦さの時代」と題して博物館講座を開催

ニュース

2017年7月06日更新

「花戦さの時代」と題して博物館講座を開催

7月3日(月)、京都市内博物館施設連絡協議会(京博連)・京都市教育委員会の共同事業「博物館講座」が、六角堂・池坊で開催されました。
京博連には、池坊会館3階にあるいけばな資料館が加盟しています。今回は300名を超える応募があり、150名が抽選で選ばれました。
最初に、6月3日公開の映画「花戦さ」にちなみ、池坊中央研究所主任研究員の細川武稔が、「花戦さの時代-戦国の世のいけばな-」と題して講演をおこないました。映画の主人公である池坊専好の活躍を紹介しつつ、専好と千利休の花に対する考えの違いなど、映画では描かれていない内容も多く盛り込まれました。
その後、3班に分かれて六角堂境内・いけばな資料館・いけばな作品の見学を実施。特に、この日のために立てられた蓮の立花が一際目立ち、参加者の注目を集めていました。
いけばな資料館では、7月22日(土)・23日(日)の特別開館をはじめ、六角堂・池坊の歴史に触れることができる企画を今後も実施いたします。


 博物館講座"

講演の様子



 博物館講座"

いけばな作品の見学

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 「花戦さの時代」と題して博物館講座を開催

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー