サイトトップ > お知らせ一覧 > 花の命に感謝して「六角堂花供養会・花行列」が行なわれました

ニュース

2018年5月07日更新

花の命に感謝して「六角堂花供養会・花行列」が行なわれました

日々いけばなとしていけた草花への感謝と、花の命を供養する、恒例の「六角堂 花供養会・花行列」が、春のいけばな展開催期間中の4月15日(土)に、いけばな発祥の地・六角堂頂法寺本堂で執り行われました。

この日正午に、全国の花卉生産団体から奉納された花材で制作された巨大な花御輿や花車を中心にした花行列が池坊短期大学を出発、山伏の法螺貝の音とともに、僧侶、献華奉仕者、お稚児さんなど40名が、池坊短期大学から六角堂まで、烏丸通りを600メートル練り歩きました。

花行列一行が六角堂へ到着して間もなく、花供養会の法要が厳かに営まれ、レオナルド・リム氏(池坊シンガポール支部長)が野間口友子氏(池坊東京生成会支部)の介添えで菊の生花をいけ、本尊の如意輪観世音菩薩に献じられました。
花供養の献華は、今年から池坊中央研修学院特別課を最優秀の成績で卒業した方が奉仕することになり、レオナルド・リム氏と野間口友子氏が選ばれました。 続いて、事務総長池坊雅史、花行列参加の方々が、花への感謝の想いを込めて献花台に花を手向けました。

※今年、花供養会に花材を奉納いただいたのは下記の生産団体の皆様です。厚く御礼申し上げます。

・ジャンプK(大阪):普賢桜、ボケ
・和歌山県スプレーマム研究会(和歌山):スプレーマム
・淡路花卉組合連合会(兵庫県):カーネーション
・クニエダ株式会社(滋賀県):バラ
・平群温室バラ組合(奈良県):バラ
・阿波洋らん青年倶楽部(徳島県):シンビジウム
・紀州農業協同組合(和歌山県):スターチス
順不同

 六角堂花供養会・花行列  
烏丸通りを練り歩く花行列のお稚児さん

 六角堂花供養会・花行列  
献華奉仕者のシンガポール支部長レオナルド・リム氏と華やかな花御輿

 六角堂花供養会・花行列  
六角堂に花行列一行が到着

 六角堂花供養会・花行列  
献華をするレオナルド・リム氏(シンガポール支部長)と野間口友子氏(東京生成会支部)

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 花の命に感謝して「六角堂花供養会・花行列」が行なわれました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー