サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都府立東宇治高等学校にて「日本文化入門」華道の授業が行われました

学校華道

2014年6月26日更新

京都府立東宇治高等学校にて「日本文化入門」華道の授業が行われました

6月19日(木)、京都府立東宇治高等学校の生徒・保護者・教職員の23名を対象に「日本文化入門」の一環として華道の授業が行われました。

今回の取り組みは、これから留学を控えた生徒を対象に、茶道や和楽器など日本の伝統文化に触れ、理解することを目的に実施され、昨年に引き続き、2回目の実施となりました。

まず、いけばな(華道)とは何か、仏前供花から発祥した華道の歴史を花形に見られる特徴や時代背景などを交えながら華道の成立までを説明。また、いけばなとフラワーアレンジメントの違い(引き算の哲学)、おもてなし、思いやりや品格など華道の精神性についても講義しました。

続いて、実技。
アジサイ・フトイ・ソリダスター・スプレーカーネーション、ヒマワリ・アサヒハラン・デルフィニウム・スプレーカーネーションの2パターンのいずれかの花材を用い、講師の「花材の個性・表情・特徴を良く見ていけましょう」というアドバイスを基に思い思いの作品をいけました。

作品完成後は、講師が見本でいけた作品と自身の作品を見比べたり、お互いの作品を見合ったり、講師のアドバイスを聞きあったりと終始、和気藹々とした雰囲気で伝統文化“いけばな”に触れました。

最後に、講師を務めた小池美由希氏(華道家元池坊京都支部)から「華道は技術だけでなく、精神性も大切。違いを個性と認め、取り組んで欲しい」とメッセージを送りました。

今回の取り組みで体感したことを、留学で活かしてもらえるよう願っております。

現在、京都府教育委員会では、“伝統と文化への関心を高めるとともに、豊かに生きる力を育むこと”を目的に推進されている「高校生伝統文化事業」に取り組んでおられます。

今回のように、授業やクラブ活動などに講師派遣をしております。
華道の導入をご検討中の方は、ぜひご相談ください。

【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Fax:(075)255ー3568 Mail:school@ikenobo.jp



授業の様子1

授業の様子1



授業の様子2

授業の様子2

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都府立東宇治高等学校にて「日本文化入門」華道の授業が行われました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー