サイトトップ > お知らせ一覧 > 橿原神宮「春の神武祭」で、いけばな展示を行いました

花展&イベント

2019年4月18日更新

橿原神宮「春の神武祭」で、いけばな展示を行いました

4月20日・21日、橿原神宮で「平成31年 春の神武祭」が開催され、池坊が作品展示協力を行いました。
この春の神武祭は、毎年、橿原神宮で開催され、様々なイベントが催されます。今回、池坊は、橿原神宮内にある国の重要文化財である文華殿にて、作品を展示することになりました。
奈良県内にある奈良県支部、大和支部、飛鳥支部より選抜された6名の会員が、この神武祭に合わせ、作品を制作しました。
文華殿は通常、公開されおらず、今回の神武祭といけばな展示に合わせ、一日だけ無料開放されまました。

◇春の神武祭 池坊いけばな展示
日時:2019年4月20日(土)
会場:橿原神宮 文華殿(重要文化財)


春の神武祭

  


春の神武祭

池田 マサ子(池坊飛鳥支部 支部長・池坊奈良県連合支部長)

  


春の神武祭

山中 純子(池坊大和支部 前支部長)

  


春の神武祭

北森 尚子(池坊奈良県支部)

  


春の神武祭

魚返 愛子(池坊大和支部)

  


春の神武祭

新子 玉弥(池坊飛鳥支部)

  


春の神武祭

山村 和美(池坊奈良県支部 支部長)

  

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 橿原神宮「春の神武祭」で、いけばな展示を行いました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー