サイトトップ > お知らせ一覧 > 「京都 二条茶会」で次期家元の作品を展示します

家元・次期家元

2019年5月15日更新

「京都 二条茶会」で次期家元の作品を展示します

2019年、京都新聞が創刊140年を迎えられ、また、二条城が世界遺産に登録されて25周年の節目の年になることから、京都新聞社・京都市の主催で5月18日(土)・19日(日)の両日、「京都 二条城茶会」が開催されます。

城内の「和楽庵」「香雲亭」では表千家、裏千家、武者小路千家、藪内家のお茶席が設けられ、 華道家元池坊 次期家元 池坊専好の大作が皆さまをお迎えします。

また、二の丸御殿 台所前庭では、池坊の花を学ぶ大学生(池坊短期大学、立命館大学池坊いけばなサークル)が公開でいけばな作品を制作し展示します。 その他、様々なワークショップや清流園での野点席など、京都の文化に触れられるイベントとなっておりますので、ぜひご来場ください。

◇京都 二条城茶会
会  期:5月18日(土)・19日(日) 
会  場:二条城
*二条城への入城料が必要です。各種催し物は有料、事前予約が必要なものがあります。

【お問い合せ】
 京都新聞COM事務局 二条城茶会担当宛
 TEL 075-241-2165 FAX 075-255-9763


京都二条城茶会""



京都二条城茶会""

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 「京都 二条茶会」で次期家元の作品を展示します

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー