サイトトップ > お知らせ一覧 > 即位礼正殿の儀に際し、献華奉納を行いました

ニュース

2019年10月22日更新

即位礼正殿の儀に際し、献華奉納を行いました

10月22日、天皇陛下「即位礼正殿の儀」に際し、華道家元池坊では頂法寺六角堂において「菊一色立花」を献華奉納いたしました。

同日11時より法要を行い、多くの方にご参拝いただきました。


六角堂の住職を務める池坊は、国家安泰・玉体安穏の祈祷を行う一方、歴代の天皇に花の名手として重用されており、特に江戸時代前期の後水尾天皇は自ら花を立てられ、池坊専好(二代)を御所に召してたびたび花会を催されました。

江戸時代後期の仁孝天皇から昭和天皇まではご即位に合わせ、池坊がいけばなを献上したという記録が残っています。


献華奉納・菊一色立花

参拝される方々

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 即位礼正殿の儀に際し、献華奉納を行いました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー