サイトトップ > お知らせ一覧 > 烏丸ステージに大作自由花を展示

ニュース

2020年5月25日更新

烏丸ステージに大作自由花を展示

5月25日より、池坊会館の烏丸ステージに、池坊中央研修学院の今川清研究員による作品を展示しています。

《作品テーマ》霽(はれ)

《花材名》紫陽花、竹、風知草

《コメント》
「霽」は、はれる、はれわたる、心がはれるという意味です。雨上がりの日に、花に滴る雫が太陽の光に反射して輝いている情景を表しました。また、薄暗い雨空から雨が上がり空一面に虹がかかる晴れやかな空へと移り変わる時を現状に重ね表現し、祈りの花としました。
窮屈な毎日を強いられている現状の中、心を安らぐ一助となって頂けたら幸いに思います。

なお、現在、池坊公式SNS(Instagram/Facebook/Twitter)のアカウントでは、自身がいけた作品写真などに#ikebanaforprayingをつけて投稿してもらうよう呼び掛け、SNSでいけばな作品を鑑賞する取り組みを実施しています。


烏丸ステージの展示期間は6月18日まで。

池坊公式Instagramはこちら



この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 烏丸ステージに大作自由花を展示

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー