サイトトップ > お知らせ一覧 > 第18回 学校華道インターネット花展ポスターデザイン 受賞発表

ネット花展

2014年10月09日更新

第18回 学校華道インターネット花展ポスターデザイン 受賞発表

多数のご応募ありがとうございました。
厳正な審査選考のうえ、最優秀賞1作品、入選5作品が決定しました!

最優秀賞

バンタンデザイン研究所 グラフィックデザインコース 高木 愛由 さん

バンタンデザイン研究所
グラフィックデザインコース
高木 愛由 さん

応募者のコメント

学校華道インターネット花展の対象が学生ということで、若い世代の方々にも堅苦しく考えず自由な発想で華道を楽しんで欲しい、という思いでフランクなギャク漫画風のポスターにしました。また、最近、漫画風の広告があると無意識についつい読んでしまうことがあり、漫画は人の目に留まりやすく、特に若い学生の方々の興味を引くことが出来るのではないかと思い、この作品を応募いたしました。

※ 最優秀賞受賞作品は、ポスター・チラシ等の図案として使用します。

入選

バンタンデザイン研究所 グラフィックデザインコース 一宮 麻里奈 さん

バンタンデザイン研究所
グラフィックデザインコース
一宮 麻里奈 さん

応募者のコメント

児童や学生が集まる公園をテーマに、学生生活の何気無い日常をキラキラとした青春の思い出のように表現したいと思い、ミニチュアを使って作りました。

バンタンデザイン研究所 グラフィックデザインコース 星野 沙恵 さん

バンタンデザイン研究所
グラフィックデザインコース
星野 沙恵 さん

応募者のコメント

花をいけるという行為を通して、日本人が大切にしてきた美意識を学んで欲しい。
日本人のルーツを知ることで自分の感性を広げて欲しいと思い作成しました。

バンタンデザイン研究所 グラフィックデザインコース 管原 成美 さん

バンタンデザイン研究所
グラフィックデザインコース
管原 成美 さん

応募者のコメント

華を挿す、という行為は自分と向き合うこととイコールになると思っています。
出来上がった作品には、その人となりや個性が表れ、同じ花材を使っていても同じものは決してなく、自分自身を写す鏡のように、悲しいときには悲しい形を、嬉しいときには嬉しい形の作品になると思いました。一輪一輪を自分を大切にするように挿してほしい、その中で自分を見つけ、未来に向かって歩んで欲しいという願いを込めて作りました。

バンタンデザイン研究所 グラフィックデザインコース 中村 千里 さん

バンタンデザイン研究所
グラフィックデザインコース
中村 千里 さん

応募者のコメント

学生さん向けの応募ポスターということで、初心者へさあ!やってみよう!というメッセージを込めました。自らの手から生み出す華というイメージで作りました。
少女が一輪の花を持ち立つ姿は「いけばな」をイメージし、黒以外の部分は和紙を用いて日本の心を表現しました。

バンタンデザイン研究所 グラフィックデザインコース 米谷 亜矢子 さん

バンタンデザイン研究所
グラフィックデザインコース
米谷 亜矢子 さん

応募者のコメント

自分の心の花も美しく咲き誇れるように「花を生ける」という所作を通して、自分らしい美しさを見つけられるようにという意味を込めて、このデザインを作りました。

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 第18回 学校華道インターネット花展ポスターデザイン 受賞発表

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー