サイトトップ > お知らせ一覧 > 日本で唯一の「いけばな資料館」で展示品解説を実施

花展&イベント

2014年11月06日更新

日本で唯一の「いけばな資料館」で展示品解説を実施

11月12日から始まる「旧七夕会池坊全国華道展」の期間中、日本で唯一の「いけばな資料館」で入れ替えしたばかりの展示品などを紹介する展示解説をおこないます。

いけばな資料館では常設展示のほか、花展期間中の4日間限定で「没後90年 富岡鉄斎」特別展示を行います。富岡鉄斎は明治から大正時代の儒教者で、画家としても活躍した人物で池坊専正と交流があったことが知られています。

また、江戸時代に活躍し、奈良・東大寺大仏に巨大な立花を献じたことで知られる「大阪の門弟 藤掛似水(ふじかけじすい)」についても解説します。

各回約20分、予約は不要です。ご希望の方は以下の時間に、池坊会館3階の「いけばな資料館」にお集まりください。
参加は無料ですが、花展期間中の為、花展入場券は必要です。たくさんのご参加お待ちしております。

◆日時
○11月14日(金)14:30~
○11月15日(土)14:30~
○11月16日(日)10:30~、14:30~
○11月17日(月)10:30~

◆解説担当
○細川武稔(池坊中央研究所/いけばな資料館展示担当)
【プロフィール】
・2006年東京大学大学院で博士号取得。
・専門は日本史、特に室町時代の京都の寺院について。
・現在、池坊中央研究所勤務。六角堂、池坊に関する歴史資料の調査研究やいけばな資料館の展示等を行う。



池坊専好立花図

池坊専好立花図(重要文化財)



富岡鉄斎筆

松芝不老図 富岡鉄斎筆

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 日本で唯一の「いけばな資料館」で展示品解説を実施

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー