巡回講座2018 いけばな池坊 巡回講座

巡回講座とは

家元(京都)で教鞭をとる講師たちが、毎年春~秋にかけて全国約180ヶ所で実演講義を行う出張講座です。池坊が誇る日本最高峰の講師による講座をぜひご覧ください。

各地区の開催日程を確認する
巡回講座 イメージ画像

今年度のテーマ 『花の力』

 このたび、「いけばな池坊巡回講座-Ikenobo2018-」を開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。
本年は「今をいける」をテーマとし、長い伝統を積み重ねてきた池坊いけばなの「今」に迫ります。いけばなは遺産ではなく生きた文化であり、生きているからこそ、時代の感覚を反映し、進化しつづけています。いけばなは、作品が永遠に残らないからこそ、今見ている人の心に強く印象を残し続けてきたのではないでしょうか。
本講座を通して、日本人が持つ独自の美的感覚や忖度の心と改めて見つめ、そして、連綿と磨き上げられてきたいけばなの技術を知っていただければ幸いです。
ぜひこの機会にご参加くださいませ。

午前
〈午前の部〉初級者にオススメ
①いけるということ
・さす花 いける花
・池坊のいけばなとは
②花と向き合う
・見立て
・取り合わせ
③身近な花をいける
・自由花
・生花正風体
午後
〈午後の部〉中・上級者にオススメ
④今をいける
~花と暮らす~
・自由花
・生花新風体

〈お問い合わせ先〉池坊中央研修学院 教務課 TEL 075-221-4550(受付:月~金 9:00~17:00)
<各地日程>今後の日程はHPや花こ美ちでご確認ください。

巡回講座 イメージ画像

一般の方にも、ご参加いただける内容も数多くあります。
普段、華道に触れる機会のない方にも、池坊550年を越えるの歴史を通して日本の文化を学んでいただけます。
※現在、いけばなを行われていない方へも、お声がけいただき、池坊を知っていただく機会にしてください。

ご参加方法

池坊いけばな教室に通っている方

ご自身の教授者に詳細をお尋ねください。

一般の方(池坊いけばなに興味がある方もご参加いただけます)

1.参加を希望する地区の開催日程と会場を確認する。
2.池坊中央研修学院 教務課まで電話で参加予約する。
  氏名・連絡先・参加希望日・参加希望会場をお伝えください。
3.当日、会場受付で受講料をお支払いただき、テキストをお受け取りください。

講座時間

10:00~15:00(休憩 12:00~13:00)

受講申込み・お問合せ先:池坊中央研修学院 教務課 075-221-4550 受付(平日 月~金 9:00~17:00)

開催日程・講義内容

開催日程

2018年5月~12月 各地区の開催日程はこちらから
北海道地区 東北地区 関東地区
北陸信越地区 東海地区 近畿地区
中国地区 四国地区 九州沖縄地区

講義内容

午前の部 〈午前の部〉初級者にオススメ
①いけるということ
・さす花 いける花
・池坊のいけばなとは
②花と向き合う
・見立て
・取り合わせ
③身近な花をいける
・自由花
・生花正風体
午後の部 〈午後の部〉中・上級者にオススメ
④今をいける
~花と暮らす~
・自由花
・生花新風体
テキストイメージ テキストイメージ テキストイメージ

※テキストイメージ

巡回講座指定花器とは

掛花器セット

アクリル水盤・剣山セット

陶製花器 風花

毎年、巡回講座では使用される花器が決められ、それを用いたいけばなと技法などが各地で紹介され、学べます。
今年の指定花器は次の3種類です。
●「掛花器セット」(陶製、合板・金具付)は、生花・立花・自由花どの花形にも使用していただけるオールマイティーな掛花器です。
次に●「アクリル水盤・剣山セット」(プレミアムカラー)は、アクリル製の軽量で、割れにくい素材です。ビギナーや、シンプルなデザインで、花材を選ばず、いけばな体験教室などにもお薦めです。高級感のあるプレミアムカラー(深いブルーと絶妙の透明度)が人気な花器です。
もう一つは●「陶製花器 風花」(赤・白)です。現代生活空間にあった自由花を生けるのに適した大きさ・形・色合いとなっております。赤・白と組み合わせてご使用いただいても、単色のみでご使用いただいても構いません。
今年はどのような作品が講師の先生によって披露されるでしょうか?
講義を受講して、皆さまも是非これらの花器にチャレンジしてみてください。

ページの先頭へ

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー