献華・献花

第60回伏見稲荷大社献華祭

伏見稲荷大社 献華祭は、池坊京都支部が毎年執り行っている献華式で、今年で60回目を迎えます。

献華奉仕者が一対の紅白の桃をいける「献華の儀」を行った後、稲荷大神が鎮座される本殿にいけばなを奉納いたします。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年行っている「参進の儀」は実施せず、外拝殿で行う献華を神楽殿に変更し執り行います。

献華奉仕者
池坊中央研修学院 研究員 三浦大生 氏(京都支部)
高林佑丞氏(京都支部)

この記事のシェアをぜひお願いします。