花展・イベント

いけばなの根源池坊展 聖徳太子千四百年大遠忌記念「和と美」 松坂屋名古屋店(名古屋花展)

「和をもって貴しとなす」

紫雲山頂法寺 六角堂。聖徳太子が創建したこの寺では、代々の住職は朝夕、仏前に花を手向け、それが時代を経て”いけばな”となりました。
聖徳太子の"和の精神"は、多様性を尊ぶ池坊のいけばなのあり方を形づくりました。

一つの作品の中に、長短・高低・大小さまざまな草木が色とりどりに調和するさまは、まさに太子の和の精神ががいけばなの美として結実したものといえます。

先人たちが受け継ぎ、磨き上げてきた和と美のこころ。
今に伝わる技と心をお楽しみください。

◆見どころ

秋の彩りを楽しむ いけばな 約350作
「和と美」をテーマに、華道家元四十五世 池坊専永および次期家元 池坊専好の大作をはじめ、東海地区で活躍する池坊の華道家によるいけばなを、期間中に延べ約350作展示します。ひと足早い秋の訪れをいけばなの世界でご堪能ください。

聖徳太子といけばな
華道家元池坊では2021年11月から2022年10月を聖徳太子大遠忌期間として、期間中に開催するいけばなの根源池坊展では、六角堂に伝わる太子の資料や仏教といけばなを繋ぐ「三具足」の展示、聖徳太子の逸話などをテーマにしたいけばな作品を展示するコーナーを設けます。太子といけばなのエピソードやいけばなの歴史など大遠忌を記念する本展ならではの展示をご覧いただけます。

新企画!いけばな植物園
いけばなを、バラ科・実もの・蘭・観葉植物・水辺の植物の5つのカテゴリーに分けて展示するコーナーです。いけばなならではの表現でそれぞれの植物がもつ魅力をお見せします。よく知るあの花の新しい魅力を発見するかもしれません!?

学生いけばな展
池坊を習う小学生から大学生の作品50作を展示します
日時:9月18日(日)・19日(月・祝)
※観覧無料
※18日10:00~12:00 公開いけ込み
※19日は15:00閉場

この記事のシェアをぜひお願いします。