献華

第70回太宰府天満宮献華祭・奉賛いけばな池坊展

華道家元池坊では、恒例の太宰府天満宮献華祭を執り行います。

太宰府天満宮献華祭は昭和30年に始まり、毎年、梅が見頃を迎える2月の第3日曜日に行っています。

参進の儀では西鉄太宰府駅から天満宮本殿までの参道を、献華奉仕者や御稚児、花車の一行が練り歩き、本殿で行う献華の儀では紅梅と白梅の一対のいけばなをいけ、神前に奉納します。また、あわせて奉賛いけばな池坊展を開催しています。

なお、令和9年菅原道真公御神忌1125年半萬燈祭にむけて本殿が改修中のため、献華式を仮本殿、奉賛いけばな池坊展を絵馬堂と外側廻廊(一部)で行います。

<昨年の開催時>

この記事のシェアをぜひお願いします。