応募要項

趣旨 「Ikenobo花の甲子園」は、高等学校で池坊いけばなを学ぶ生徒3人が1チームとなり、制作した作品を発表する公開コンクールです。
文化系の生徒が活躍の場を見出し、地域の代表として、いけばな発祥の地、京都・六角堂で花をいける喜びを感じ、日本の伝統文化・いけばなへの学びを誇りに思うことを目的に開催する非営利事業です。 当大会は2009年から始まり、今回で12回目の開催となります。
開催日 地区大会
7月31日(木)~ 9月22日(土) ※ 全国14ヶ所にて開催変更
全国大会
11月15日(日)京都・池坊 ※ 旧七夕会池坊全国華道展 開催時

【変更内容】
1. 全国14ヶ所で開催予定であった参集・対面型での「地区大会」を、応募された動画と作品写真で審査する「リモート地区大会」に変更します。また、変更に伴い審査概要の一部も変更します。
2. ブロック分けを再編し、<北海道/東北/関東/北信越/東海/近畿/中・四国/九州>の8地区から代表校を選出します。
  • 地区代表校が京都に参集する「全国大会」は予定通り開催する予定です。
  • 新型コロナウイルスの影響を鑑みながら随時、運営方法を検討・対応致しますので、今後も日程や開催方法を変更する場合があります。HP・SNS のご確 認をお願いします。

応募資格
  • (一財)池坊華道会の実習校登録された高等学校で池坊華道を学ぶ高校生。(高等専門学校含む)
  • 各校の代表3名が1チームとなり、出場承諾書を提出すること。
  • 地区大会および11月15日(日)に京都で行われる全国大会に参加できること。
  • 全国大会への旅費、宿泊費は(一財)池坊華道会が負担します。(生徒3名、学校顧問1名、池坊教授者1名)
  • 免許状、会員登録の有無、活動形態(部活動・授業など)は問いません。
  • 今年度から部員不足の学校を対象に、 他校との連合チームでの参加が可能になりました。
  • こちらの条件で応募される際は提出用紙が異なりますので、事前に事務局までご相談ください。
    • 実習校の部活動で、部員数が不足している(2名以下)2校以上の連合チームでの参加を認める。

      連合チームの関係するすべての学校は、実習校であり、すべての学校より出場承諾書の提出が可能であること。

      連合チームの関係校の距離等は問わないが、同じ池坊教授者が指導、もしくは池坊教授者が同じ支部に所属していること。

      出場者の池坊免許状、会員登録の有無は問わない。

      出場者が所属する学校が実習校ではないが、池坊教授者のもとで池坊華道を学ぶ高校生による連合チームでの参加を認める。

      連合チームが関係するすべての学校より、出場承諾書の提出が可能であること。

      連合チームの関係校の距離等は問わないが、同じ池坊教授者が指導、もしくは池坊教授者が同じ支部に所属していること。

      出場者が池坊免許状を取得していること。

審査概要 リモート地区大会(全エントリー校から地区代表校を選出)
1. 地区大会テーマ「今、伝えたい“感動”」<変更なし>
2. 花ばさみをバトンとしリレー形式で、3名で1作品を制作<変更>
3. いけ込み時間は30分(1名10分間×3名)<変更>
4. 1チーム1種類の自由花材(持ち込み花材)と、大会が指定した花材を用いること<変更>
5. 持ち時間3分以内で、作品に込めた想いをプレゼンテーション<変更なし>
6. ①~⑤を動画と写真で審査し、地区代表校を選出<変更>

全国大会
地区代表校から1校、「Ikenobo 花の甲子園2020」優勝校を決定
全国大会テーマ「いけばなの魅力」
1. 花ばさみをバトンとしリレー形式で、3名で1作品を制作
2. いけ込み時間は30分(1名10分間×3名)
3. 1チーム1種類の持ち込み花材と、大会が用意した花材を用いること
4. 持ち時間3分以内で、作品に込めた想いをプレゼンテーション <すべて変更なし>

※ 今年度は個人賞を設けておりません(観客投票も行いません)
応募方法 受付期間:2020年4月1日(水)~6月26日(金)消印有効
受付期間を、7月31日(金) まで再延長します(当日消印有効)。
所定のエントリーシートと出場承諾書に必要事項を記入の上、(一財)池坊華道会まで郵送してください。
  • エントリーシートと出場承諾書の書式に変更はありません。
  • 通常授業や部活動の状況を鑑み、締切日をさらに延長します。(6 月 12 日変更)

〒604‐8686 日本郵便株式会社 中京郵便局私書箱31号
(一財)池坊華道会「Ikenobo 花の甲子園2020」係まで
  • 応募要項、及びエントリーシート・出場承諾書は、本ページ下部よりダウンロード可能
  • リモートでの地区代表校選出用に、いけ込みとプレゼンテーション動画や作品写真の送付が必要となりますが、動画提出方法や指定花材などの詳細はエントリー受付後にご案内します。
  • エントリー受付後、連絡やデータの受け渡しがありますので、エントリーシートに連絡がとれるメールアドレスもご記入ください。
今後の流れ 9月11日(金):動画・作品写真提出締切

9月末:締切後審査

10月5日(月):地区大会審査結果発表
主催 一般財団法人 池坊華道会
特別協賛 ANA
後援 農林水産省、公益社団法人全国高等学校文化連盟、全国都道府県教育長協議会、全国高等学校長協会、日本私立中学高等学校連合会、一般社団法人全国高等学校PTA連合会、北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、北海道新聞社、HBC北海道放送、STV札幌テレビ放送、HTB北海道テレビ、UHB北海道文化放送、テレビ北海道、宮城県、宮城県教育委員会、仙台市、仙台市教育委員会、河北新報社、TBC東北放送、仙台放送ミヤギテレビ、KHB東日本放送、東京都教育委員会、日本教育新聞社、東京新聞、長野県、長野県教育委員会、松本市、松本市教育委員会、信濃毎日新聞社、長野日報社、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、長野朝日放送、石川県、石川県教育委員会、金沢市、金沢市教育委員会、北國新聞社、テレビ金沢 HAB北陸朝日放送、北陸放送、石川テレビ、静岡県、静岡県教育委員会、静岡市、静岡市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送、静岡朝日テレビ、静岡第一テレビ、テレビ静岡、岐阜県、岐阜県教育委員会、岐阜市、岐阜市教育委員会、岐阜新聞社、岐阜放送、愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会、中日新聞社、CBCテレビ、東海テレビ放送、中京テレビ放送㈱、テレビ愛知、京都府、京都府教育委員会、京都市、京都市教育委員会、共同通信社、朝日新聞京都総局、産経新聞社、毎日新聞社京都支局、読売新聞京都総局、京都新聞、広島県、広島県教育委員会、広島市、広島市教育委員会、中国新聞社、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、徳島県、徳島県教育委員会、徳島市、徳島市教育委員会、徳島新聞社、四国放送、福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、西日本新聞社、RKB毎日放送、テレビ西日本、九州朝日放送、福岡放送、テレQ、熊本県、熊本県教育委員会、熊本市、熊本市教育委員会、熊本日日新聞、熊本放送、KKT熊本県民テレビ、熊本朝日放送、テレビ熊本(順不同)
共催 華道家元池坊総務所
お問い合わせ (一財)池坊華道会 事業部 学校華道課
TEL: 075‐231‐4922
FAX: 075‐255‐3568
Email:school@ikenobo.jp
受付時間:平日9時~17時