今日のいけばな

いけばなは国境や世代を超えて学ばれる時代になり、その可能性はさらに広がっています。
デモンストレーションやパフォーマンスなど、花をいけることそのものへの注目も高まっています。

今日のいけばな(現代)

  • 「お稽古ノート」
    「お稽古ノート」
  • プロジェクションマッピングとのコラボレーション(映像:NAKED,INC.)
    プロジェクションマッピングとのコラボレーション
    (映像:NAKED,INC.)

国境・世代を越えて

戦後、海外にも広がりはじめたいけばなは、アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、アジア、アフリカと更なる広がりをみせ、現在、池坊の海外支部は100支部を数えます。また、男女問わずあらゆる世代が学ぶ時代となり、次世代への文化継承として学校教育の中でも学ばれています。

カリキュラムの導入

池坊の3つのスタイルを学ぶカリキュラム「お稽古ノート」を平成19年(2007)から導入しています。花形ごとに構成されたテキストはそれぞれの花形の基本を体系的に学ぶごとができ、池坊の教室で活用されています(池坊の教室でのみ購入が可能です)

いけばなの可能性

家の中で飾るものであったいけばなは、今や大型施設、ステージ、店舗など、場所にとらわれない展示が可能となりました。また、絵画や映像、音楽、舞台演劇など、さまざまな分野とのコラボレーションにより、その可能性はますます広がっています。さらにデモンストレーションやパフォーマンスなど花をいけることやいける姿への注目も集まっています。