その他
2019.07.01

次期家元 池坊専好がいのちの華コンサートin東京に出演

6月23日(日)東京国立博物館の平成館で開催された「いのちの華コンサート」に次期家元 池坊専好が出演しました。
「いのちの華コンサート」は、伝統・芸術・文化の融合を体感し、命の大切さを考える機会となることを願って、2018年より全国で開催されています。
今回のコンサートでは園城三花氏の和笛、齋藤葉氏の箜篌(くご)による「天平の音のしずく」が演奏され、続くいけばなデモンストレーションでは、次期家元が自宅に生えるアカメガシワの枝を作品に用いられ、いのちの大切さ、生かすことの意味を作品に込め完成させました。その後、大友直人氏の指揮によるフルートとハープ、オーケストラの演奏があり、観客を魅了しました。

本コンサートの収益金は「いのちの電話」に寄付されます。

いけばなデモンストレーション/撮影:横田敦史



コンサートの様子/撮影:横田敦史

この記事のシェアをぜひお願いします。