花展・イベント

令和4年度 旧七夕会池坊全国華道展

華道家元池坊では、江戸時代から続く最大最古のいけばな展「旧七夕会池坊全国華道展」を開催します。

本年は、「とらわれのない美」をテーマに、華道家元四十五世 池坊専永家元、池坊専好次期家元をはじめ全国の華道家が集い、期間中、延べ約900作を展示します。

新型コロナウイルス感染症など大きな不安が世界を包み、日々の生活や価値観も大きく揺らぎました。時代が変化するなかでは、規制概念やこれまでの型が通用せず、私たちは戸惑います。
日本の伝統文化いけばながこれまで続いてきたのは、古くから伝わるものに学びながらも、常に時代を感じ、”今の花”をいけてきたからにほかなりません。
本展では、未曾有の時代を越えて、華道家一人ひとりの個性が輝く新しい美を探求します。

旧七夕会とは
平安時代以降、宮廷では七夕の日に様々な行事が催され、その一つとして花が立てられていました。江戸時代初期には、後水尾天皇がたびたび宮中で大立花会を開催し、当時の家元の三十二世池坊専好(二代)が召され、立花の指導をしていました。その後、後水尾天皇から特別に許しを得て、池坊で七夕立花会を催すことになり、江戸時代、京洛の有名な年中行事になりました。池坊では最大最古の花展として、現代もその伝統を受け継いでいます。

見どころ

家元道場
家元、次期家元、池坊美佳青年部代表、池坊専宗氏の作品のほか、池坊中央研修学院教授および家元華﨟職の作品を展示します。池坊が誇る珠玉のいけばなが一堂に会します。

華道家元池坊(8~4階)
池坊中央研修学院教授、教授が担当する学術研究室と総合特別科の選抜者、全国の華道家の作品を展示します。2次展では4階と5階で支部選出コンクールを実施します。

WEST18ビル 7階
「Inspired by Flowers」と題し、コーナー展示を行います。池坊が美の根源とする「命の美」。社会が変容する今、華道家たちは植物から何を受けとめ、どのように表現するのか。本コーナーでは型を持たない自由花で時代の美に挑戦します。

同時開催

Ikenobo花の甲子園2022 全国大会
11月13日(日)華道家元池坊2階ホールで開催します。

この記事のシェアをぜひお願いします。