サイトトップ > お知らせ一覧 > 華道家元池坊が  “伊藤若冲”をテーマに大作いけばな展示

花展&イベント

2014年7月10日更新

華道家元池坊が  “伊藤若冲”をテーマに大作いけばな展示

7月12日(土)・13日(日)の2日間、京都文化博物館 別館ホールにて開催される立命館大学 研究発表展示「分業から協業へ-大学が、若冲と京の伝統工芸を未来に繋げる-」において、同研究を応援する目的で“伊藤若冲”をテーマにした大作いけばなを披露します。

今回、華道家元池坊は、立命館大学が行う「伝統」の継承と新たな創造を目指す研究に賛同し、本展示の象徴となる作品を会場中央に展示いたします。流木や芭蕉を使った高さ3メートルのいけばなで、研究の要となった“伊藤若冲”を表現します。
会場はどなたでも自由に入場いただけます。伝統を未来へ繋ぐチャレンジをぜひご覧ください。

■日時:2004年7月12日(土)・13日(日)10:00~19:30 
■場所:京都文化博物館 別館ホール
■作品担当:髙津倫子(池坊京都支部)・立命館大学IKEBANAサークル大学生一同
■入場料:無料

詳細は、こちらのホームページをご覧ください。

分業から協業へ

分業から協業へ

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 華道家元池坊が  “伊藤若冲”をテーマに大作いけばな展示

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー