サイトトップ > お知らせ一覧 > 真宗大谷派学校連合会第47回「新任教職員研修会」にていけばな体験が実施されました

学校華道

2014年7月31日更新

真宗大谷派学校連合会第47回「新任教職員研修会」にていけばな体験が実施されました

7月30日、真宗大谷派学校連合会加盟校の新任教職員47名が、京都・池坊を訪問し、宗祖である親鸞聖人ゆかりの地・六角堂を参拝し、いけばな資料館の見学、いけばな体験をしました。

まず、一行は2グループに別れ、六角堂と資料館を見学。
六角堂建立から親鸞聖人との関わり、華道成立について説明を受けました。特に、いけばな資料館では、池坊が東本願寺に献華をさせていただいたという資料が残っていたりと、歴史的資料や展示物を興味深く見入っていました。

その後、(一財)池坊華道会 池坊雅史事務総長より伝統文化"いけばな"に取り組む意義や重要性について参加者にメッセージを送りました。

続いて、池坊短期大学 華道教授 土屋郁剛氏による講義と実技。
講義では、仏花(立花)に見られる9つの役枝について、それぞれの働きや込められた意味などを説明。デモンストレーションでは、いけばなの精神性や花材の個性を生かすことについても触れました。

講義とデモを踏まえ、フトイ・ヒマワリ・カーネーション・キボシを花材に用い、いざ実技。
ほとんどの方が、いけばなをするのは初めてということでしたが、フトイの直線を生かし、ヒマワリが夏らしさを感じさせる、伸びやかな作品が出来上がりました。

参加者は、完成後、講師からのアドバイスに聞き入り、お互いの作品を見合ったりするなどし、有意義な研修になった様子でした。

講師からは「花は生きている姿が美しい。いける人が花に心を寄せると、より美しくなり、いけた人の思いが伝わる」と話し、「ぜひ、皆さんの学校でもお花をいけてみてください」とメッセージを送りました。

今回ご参加いただいた皆さんの勤務校で、伝統文化"いけばな"に取り組んでいただけるよう期待しております。

学校華道では、今回のように教職員の皆さんの研修、六角堂・いけばな資料館の見学、いけばな体験を受け付けております。興味のある方は是非、当会までご連絡ご相談ください。

【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Tel:(075)231-4922 Mail:school@ikenobo.jp



六角堂見学の様子

六角堂見学の様子



体験の様子

体験の様子

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 真宗大谷派学校連合会第47回「新任教職員研修会」にていけばな体験が実施されました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー