サイトトップ > お知らせ一覧 > Ikenobo 花の甲子園2014~近畿地区大会レポート

花の甲子園

2014年9月04日更新

Ikenobo 花の甲子園2014~近畿地区大会レポート

パネルタイトルテキスト

Ikenobo 花の甲子園2014~近畿地区大会は、無事開催終了しました。
多くの皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。

近畿地区大会 結果発表

地区代表校

ノートルダム女学院高等学校(京都府)

ハーモニー賞 滋賀県立膳所高等学校
チームワーク賞 比叡山高等学校
パフォーマンス賞 龍谷大学付属平安高等学校
のぞみ賞 京都府立亀岡高等学校、京都光華高等学校
和歌山県立田辺高等学校、金蘭会高等学校

※「地区代表校」は地区の代表として、11月16日に京都で行われる全国大会に出場いただきます。
※全国大会進出チーム(生徒3名+学校顧問1名)の、京都・池坊までの交通費と宿泊費は、主催・池坊華道会が負担します。

近畿地区大会 レポート

「Ikenobo花の甲子園2014」地区大会の皮切りである近畿地区大会が8月31日(日)、池坊短期大学 アートフォーラム(京都市)にて行われました。

13時00分より開会。
出場校・審査員の紹介、審査概要の説明後、いざいけこみがスタート。初めて見る指定花材と各校で持ち込んだ1種類の花材を上手く組み合わせ、各校で持参したミニチュア花器を含む3つの花器に制限時間45分で思い思いの作品をいけこみました。その後、各校3分30秒の持ち時間でプレゼンテーション。各校で決めたテーマに添って、どのような気持ちを込めたのか、またどう表現したのかを発表しました。観客の皆さんは、各校の作品解説に聞き入っておられました。

16時00分より講評と表彰式。
池坊短期大学 准教授 森川佳代氏より良かった点など各校各作品について講評をいただきました。
講評を踏まえ、表彰式。
代表校には、2010年から5年連続で地区大会に出場し、全国大会3度目の出場となる、ノートルダム女学院高等学校(京都府)が選ばれました。会場には過去に出場した卒業生も応援に駆けつけ、出場者たちを見守る中、結果が発表された瞬間、会場は歓喜に沸き、出場者たちの嬉しさと安堵から涙する姿が印象的でした。また、惜しくも代表に選ばれなかった出場校も悔し涙を流し、これまで積み重ねてきた努力、当大会にかける思いを非常に感じる地区大会となりました。

いけこみの様子

いけこみの様子

会場の様子

会場の様子

代表校に選ばれたノートルダム女学院高校の皆さん

代表校に選ばれたノートルダム女学院の皆さん

出場者全員で集合写真

出場者全員で集合写真

近畿地区大会 審査員

  • 京都府 文化環境部 文化芸術振興課 課長・山本範子 氏
  • 京都府教育庁 指導部 高校教育課 課長・前川明範 氏
  • 京都市 文化市民局 文化芸術都市推進室 室長・森川佳昭 氏
  • 京都市教育委員会 学校指導課 指導主事・太山陽子 氏
  • 朝日新聞京都総局 総局長・磯田晴久 氏
  • 読売新聞京都総局 記者・川上大介 氏
  • 毎日新聞京都支局 支局長・元田禎 氏
  • 産経新聞社京都総局 総局長・大久保博司 氏
  • 一般社団法人共同通信社 京都支局 支局長・緒方伸一 氏
  • 京都新聞社 文化部 部長代理・栗山圭子 氏
  • 一般財団法人池坊華道会 理事・中路喜久子 氏
  • 一般財団法人池坊華道会 評議員・山本美千子 氏
  • 一般財団法人池坊華道会 評議員・峠紀子 氏
  • 池坊短期大学 准教授・森川佳代 氏

本件のお問い合わせ先

一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課

mail school@ikenobo.jp
TEL 075-231-4922 FAX 075-255-3568

(受付:月~金 9:00~17:00 ※祝日を除く)

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > Ikenobo 花の甲子園2014~近畿地区大会レポート

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー