サイトトップ > お知らせ一覧 > Ikenobo 花の甲子園2014~北信越地区(新潟県)大会レポート

花の甲子園

2014年10月30日更新

Ikenobo 花の甲子園2014~北信越地区(新潟県)大会レポート

パネルタイトルテキスト

Ikenobo 花の甲子園2014~北信越地区(新潟県)大会は、無事開催終了しました。
多くの皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。

北信越地区(新潟県)大会 結果発表

地区代表校

新発田中央高等学校(新潟県)

ハーモニー賞 新潟県立新発田南高等学校
チームワーク賞 新潟県立見附高等学校
パフォーマンス賞 新潟県立吉田高等学校
のぞみ賞 新潟県立三条東高等学校、新潟県立中条高等学校
新潟県立西川竹園高等学校、新潟県立巻高等学校
新潟県立村上高等学校、新潟青陵高等学校

※「地区代表校」は地区の代表として、11月16日に京都で行われる全国大会に出場いただきます。
※全国大会進出チーム(生徒3名+学校顧問1名)の、京都・池坊までの交通費と宿泊費は、主催・池坊華道会が負担します。

北信越地区(新潟県)大会 レポート

「Ikenobo花の甲子園2014」北信越地区(新潟県)大会が10月26日(日)、新潟伊勢丹 1階 正面玄関前 特設会場(新潟市)にて行われました。

昨年度より各都道府県において10校以上、エントリーがあった場合には各都道府県にて単独で地区大会が開催できるというルールを新たに設けました。今年度は、全国初!全国で唯一、新潟県内から10校エントリーがあり、新潟県単独で地区大会を開催することとなりました。

10時30分より開会。
出場校・審査員の紹介、審査概要の説明後、制限時間45分でいけこみがスタート。指定花材をどの花器に用いるかを手際よく取り分け、持ち込んだ花材と組み合わせ、制限時間内に思い思いの作品をいけこみました。いけこみ後は、各校で決めたテーマを基に、プレゼンテーション。どのような思いを作品に込めたのか、表現したかなど解説し、観客の方々も各校の作品解説に聞き入っていました。

13時50分より講評と表彰式。
池坊短期大学 華道講師 藤井真氏より総評をいただきました。総評を踏まえ、表彰式。
代表校には、全国大会初出場となる、新発田中央高等学校(新発田市)が選ばれました。

今回の会場は、バスセンターや若者の集まる商業施設に隣接し、正面玄関での開催ということもあり、出場者たちと同年代の多くの若い世代が足を止め、見ている姿が見受けられた。 「花の甲子園!」と言う声がよく聞こえ、県大会ということもあり、出場校を見て、同じ学校の生徒はもちろん、母校が出場しているなど話しておられる方も多くいらっしゃり、学校名を通した、華道部の活躍が周知、注目された様子でした。

当地区大会を終了し、全9地区(10ヶ所)の代表校が決定しました。
今大会においても、台風の影響により延期開催などもありましたが、無事、全地区大会を終了することが出来ました。この場をお借りし、皆さまのご理解ご協力に御礼申し上げます。

いけこみの様子

いけこみの様子

会場の様子

会場の様子

代表校に選ばれた新発田中央高校の皆さん

代表校に選ばれた新発田中央高校の皆さん

出場者全員で集合写真

出場者全員で集合写真

北信越地区(新潟県)大会 審査員

  • 新潟県 県民生活・環境部文化振興課 文化振興課長・涌井正之 氏
  • 新潟市 文化スポーツ部 部長・長井亮一 氏
  • 新潟日報社 読者ふれあいセンター長・佐藤牧子 氏
  • 新潟放送 事業局 局長・佐藤隆夫 氏
  • 新潟三越伊勢丹 執行役員 営業本部 新潟伊勢丹店長・御田村紀男 氏
  • 一般財団法人池坊華道会 事務総長・池坊雅史 氏
  • 一般財団法人池坊華道会 評議員・若島節子 氏
  • 一般財団法人池坊華道会 評議員・中村みつる 氏
  • 華道家元池坊 新潟県連合支部長・市橋久子 氏
  • 池坊短期大学 華道講師・藤井真 氏

本件のお問い合わせ先

一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課

mail school@ikenobo.jp
TEL 075-231-4922 FAX 075-255-3568

(受付:月~金 9:00~17:00 ※祝日を除く)

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > Ikenobo 花の甲子園2014~北信越地区(新潟県)大会レポート

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー