サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都市立高倉小学校の児童が「地域の達人」として次期家元にインタビュー

学校華道

2015年1月29日更新

京都市立高倉小学校の児童が「地域の達人」として次期家元にインタビュー

京都市立高倉小学校の3年生7名が、1月26日(月)、池坊会館を訪問し、次期家元にインタビューを行いました。

同校では、校区内において、伝統文化に携わっておられる方々に、児童たちが選んだ分野の達人に話を聞くといった「地域の達人」という取り組みの一環として、このたび訪問いただきました。

児童たちからは「お花をいける時に一番大切にしていることは何ですか?」や「華道をやっていて一番良かったことは何ですか?」等など、次々に質問がされました。

児童たちは、インタビュー内容はもちろん、小学校のすぐ側にある六角堂で華道が発祥したことなどを聞き、華道についても理解を深めた様子でした。

インタビュー中、皆さん真剣に話を聞き、一生懸命にメモを取っている姿が印象的でした。
後日、まとめて発表するとのことで、お一人でも多く華道に関心を持っていただけるよう願っております。

学校華道では、六角堂、いけばな資料館の見学、いけばな体験を受け付けています。
郵送、Fax、メールのいずれでも受け付けますので、いけばな発祥の地での華道体験に興味のある方は是非、華道会までご連絡下さい。

【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Tel:(075)231-4922 Mail:school@ikenobo.jp



インタビューの様子1

インタビューの様子1



インタビューの様子2

インタビューの様子2

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都市立高倉小学校の児童が「地域の達人」として次期家元にインタビュー

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー