サイトトップ > お知らせ一覧 > 池坊由紀エッセイ|Vol.39 九州での花展を訪ねて

家元・次期家元

2015年3月20日更新

池坊由紀エッセイ|Vol.39 九州での花展を訪ねて

池坊由紀連載エッセイ こころのままに。

三月は立て続けにいけばな展へ行っています。春の訪れを最も感じさせるのが花。そして花咲く頃は、卒業と新しいスタートの時でもあります。今日は熊本県連合花展、そして佐賀県 唐津支部花展の様子をご紹介します。

熊本県連合花展には、2年前にも寄せていただいています。池坊という同じひとつの流派の中に、各々の地域ごとの支部があります。いけばなを全くされない方々からみると、どの地域も同じ傾向や雰囲気なのではないかと思われがちです。しかしながら同じ流派であっても、地域ごとに使用する花材の色合いや取り合わせ、表現が異なります。そしてその違いに出会う度に、その地域の日の多さや少なさ、雲の厚さや雨や雪など、束の間滞在しただけでは分からない気象と、そこに日々暮らしている方々の思いが反映されているようにも感じられます。人生や一日一日の営みを語るとしたらいくつもの言葉が必要で、それは何冊もの本にまとめるほどのボリュームになるのでしょうが、言葉をいくつも重ねることよりも、たった一草のたった一つの花こそが、雄弁に深く思いや真実を伝えてくれることがあると思います。
熊本県連合花展では、色鮮やか、明るい配色の花材の取り合わせと表現が目立ちました。春といっても今年は外はまだまだ寒かったのですが、それでも負けずに伸びていこうとする木々の息吹と、そこにいきていらっしゃる方々の前向きな気持ちが、シンクロしているかのようです。よく、作り笑いでもいいから、笑っているとストレスが軽減されるといいますが、外がたとえ寒くとも、そして心の中に色々と思うところがあったとしても、明るい花を選ぶ、そしていけること、またそのような作品を鑑賞することで、各々の心の中で小さな希望が、ふつふつと湧いてくるのかもしれません。花によってエネルギーを与えられていること、そしてそれをいけることで、今度はエネルギーを与えられた自分自身が人にエネルギーを与えることができる(かもしれない)ことなど。いけばなの原点を再確認しました。

翌日伺った唐津は、海に面した美しい街。京都にも海はありますが、普段ほとんど見ることもないので、波が寄せては返すその自然の営みも、幾何学的であり、また芸術的でもあり心癒されます。
唐津支部は八十八周年。唐津というお茶、お花の盛んな文化度の高いところで、長い歴史を紡いでこられました。こちらは伝統を守りつつも、いろいろ新しいことに果敢に挑戦していく、進取の気風が溢れています。そういえば高校生による「花の甲子園」第一回優勝が、唐津南高校でした。いけばな展には制服姿の学生さんたちも多くみえ、各々にいけた力作も並びました。先人の思いと蓄積を大切にしつつ、常に次世代を見据えて積極的に新しいことを模索し、取り組み、且つ結果も出す。この姿勢は見習いたいものです。私自身、大いに刺激を受け、且つ九州の明るさ、開放的な雰囲気に、心も晴れやかに過ごすことのできた週末となりました。

熊本連合・唐津支部花展

熊本連合支部花展。この開会式、2年前と同じで懐かしいです。

熊本連合・唐津支部花展

山尾連合支部長のご挨拶。

熊本連合・唐津支部花展

花展のボックス席も、春らしいパステルカラーで統一されています。

熊本連合・唐津支部花展

熊本といえばやはりくまもん。ここにも登場。

    
熊本連合・唐津支部花展

大学生の作品。シールを貼って、花とコーディネート。

熊本連合・唐津支部花展

天井も高く、広々とした空間で作品も映えますね。

     
熊本連合・唐津支部花展

そして最後は、くまもんと支部の先生方と記念撮影。くまもんの笑顔に、皆さんも笑顔・・・?

熊本連合・唐津支部花展

佐賀に移動しました。そして頂いたのは白魚(しろうお)。この時期にしか頂けないという時期もの。そして朱色の器も美しいです。

     
熊本連合・唐津支部花展

お雛様も飾られています。

熊本連合・唐津支部花展

こちらも天井の高い広々とした会場です。

     
熊本連合・唐津支部花展

大原支部長先生もご挨拶。

熊本連合・唐津支部花展

唐津市長 坂井様。国士館大のご出身。大学では剣道と共にいけばなもされたとか・・・ご祝辞をいただきました。

     
熊本連合・唐津支部花展

支部の大作の前でテープカット。

熊本連合・唐津支部花展

唐津の海をイメージした作品が並びます。

     
熊本連合・唐津支部花展

子どもたちもいけてくれた、かわいい春らしい作品が並びます。

熊本連合・唐津支部花展

近くで見ると、こんな感じ。チェックの布も愛らしさを添えて。

     
熊本連合・唐津支部花展

高校生たちは、世界はひとつをテーマに、ガーベラで作品を統一しています。いけばなを通して、世界平和への意識を高めてくれるといいですね。

熊本連合・唐津支部花展

からつ学園のみなさまの作品。

     
熊本連合・唐津支部花展

モンステラの大胆な使い方が印象的。いろいろお話させていただきました。みなさん「お花が楽しい」と言って下さり、嬉しく思いました。

熊本連合・唐津支部花展

長年支部長を務めて下さった多久島先生と、そのダイナミックな作品。大きな丸いFRPの器に負けない元気よさ、華やかさです。

     
熊本連合・唐津支部花展

姉妹の語らい・・・一体何を喋っていたのか??

熊本連合・唐津支部花展

家元代華は中村福宏先生です。線が伸びやかで美しい・・・

     
熊本連合・唐津支部花展

唐津の海。空と山と海。改めて自然の雄大さに驚かされます。

     

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 池坊由紀エッセイ|Vol.39 九州での花展を訪ねて

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー